Skip navigation.
Home
Yes, RTFM!

sarge

debian 3.1
warning: Creating default object from empty value in /home/groups/h/hy/hype/htdocs/d/modules/taxonomy.module on line 1223.

sarge pkg: qdbm was updated (1.8.74-0dh1)

| | |

release: yet anather sarge backports
base version: 1.8.74-1 from sid

Backport from qdbm 1.8.74 on sid.

sarge pkg: emacs-snapshot was updated (1:20061105-0dh1)

| | |

release: yet anather sarge backports
base version: 20061105-1 from sid

emacs22 pretest!!
Backport from new emacs-snapshot on sid.

sarge pkg: phpmyadmin was updated (4:2.9.0.3-0dh1)

| | |

release: yet anather sarge backports
base version: 4:2.9.0.3-1 from sid

Backport from phpmyadmin 2.9.0.3 on sid.

sarge pkg: hyperestraier was updated (1.4.8-0dh1)

| | | |

release: yet anather sarge backports
base version: 1.4.8-1 from sid
mecab version: 0.93-0dh2
qdbm version: 1.8.70-0dh1

Backport from hyperestraier 1.4.8 on sid.

sarge pkg: emacs20 was added (20.7-13.3dh0)

| | |

release: yet anather sarge backports
base version: 20.7-13.3 woody

ちょっと貧相なスペックのマシンをもらったので、
なるべく軽い emacsをということでリビルド。
つか、sargeには emacs20があるってなんとなく思いこんでたので、
なくてちとあせりました。
woody用の emacs20の debでもそのままインストールできるみたいだけど、
気はこころってことで。

sarge pkg: hyperestraier was updated (1.4.7-0dh1)

| | | |

release: yet anather sarge backports
base version: 1.4.7-1 from sid

hyperestraierが 1.4.7になってたのでバックポート。
いつものとおり、mecabを有効にしたもの。
前回と違い、mecabは、0.93をバックポートしたものが
本サイト(yet anather sarge backports)から入手可能となっているのでよろしく。

sarge pkg: emacs-snapshot was updated (1:20061027-0dh1)

| | |

release: yet anather sarge backports
base version: 1:20061027-1 from sid

Emacs22 pretest (22.0.90)の続きっていうか、
まあ、簡単にいうと、この snapshotから Emacs22の pretest版です。

sarge pkg: mysql-dfsg-5.0 was updated (5.0.24a-9dh0)

| | | | |

release: yet anather sarge backports
base version: 5.0.24a-9~bpo.1 from backports.org

えー、この mysql-dfsg-5.0が debian packageの backportをはじめた
きっかけのパッケージだったりするです。
mysql-dfsg-5.0については、もともと本家 backports.orgの
パッケージが存在しているので、バックポートする必要はないとお思いでしょうが、
これにはちょっと大きめのパッチがあたっていたりするわけです。

それがなにかというと、sennaパッチだったりします。
ちょい前に、お仕事がらみで各種 CMSをローカルでインストールしてテストする必要が
ありまして、海外製 CMSの気になるところとして日本語の検索精度があると思います。
んで、あちこち調べてまわって sennaにたどり着いたというわけです。
全文検索系には、namazuとか hyperestraierとかありますが、
sennaの MySQLバインディングですばらしいと思うのは、CMSの SQLを
変更せずに透過的にその効果が得られるところです。
っていうか、らしいです。
まだ、あまりテストできてないので断言できないのが苦しいですが、
とりあえず、sennaのサイトに書いてあるとおりに debian packageを
作成してみたので、興味のある方はぜひお試しくださいです。

あと、このパッケージはデフォルトキャラクタセットを utf8に、
デフォルトの照合順序を utf8_unicode_ciにして作成しています。
それじゃ困るという方は、ソースをダウンロードして
debuildしなおしてくださいませ。

sarge pkg: mecab was updated (0.93-0dh2)

| | | | |

release: yet anather sarge backports
base version: 0.93-1 from sid
うわ、なんか気がついたら mecab 0.93、sidに来てんじゃん。
てことで、ベースバージョンをcl.naist.jpから、
sidに変更しました。

sarge pkg: emacs-snapshot was updated (1:20061022-0dh1)

| | |

release: yet anather sarge backports
base version: 1:20061022-1 from sid
単にさくっとリビルドしただけ。
例によって、あまりテストしてないっす。

Syndicate content